アニメオタクが語る!経済や世界情勢

ブルセラ症の菌の感染原因や経緯が危険!子供の予防方法や治療法

ブルセラ症の菌の感染原因や経緯が危険!子供の予防方法や治療法

みんな~!!オタクってる~??

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

子育て世代のママさんにとって危険で見逃せないニュースが飛び込んできました!

ブルセラ菌が原因でブルセラ症を引き起こし4人の感染が長野県で発覚したんです。

 

 

ブルセラ症とはどんな症状なのか感染原因や経路や経緯に注目しました。

子供への影響や予防方法や治療法も必見です。

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

◆ブルセラ菌とはどんな感染症なの?名前のユニークさと裏腹に危険な症状が特徴だった

 
 

 

異常気象と呼ばれる猛暑日が続く中、聞きなれない感染症が長野県で発生しました。

その名も『ブルセラ菌』という感染菌。

 

 

名前だけ聞くと男性が喜びそうな予感がプンプンしますが、とっても怖い感染症だったんです。

でもほとんどの方が初めて聞いた病名ではないでしょうか?

 

 

今回は謎の病原菌『ブルセラ菌』や『ブルセラ症』について調べていきます。

 

 

まず疑問に感じたのが、『ブルセラ菌やブルセラ症とはどんな感染症なのか』ということです。

国立感染症研究所で詳しく説明してありました。

 

 

ブルセラ症とは、ブルセラ菌によって感染することで引き起こされる感染症を指します。ブルセラ症を引き起こす病原体は、人に対してのみではなくペットの犬や家畜として飼われる牛、豚、ヤギ、また野生動物においても感染することが知られており、ブルセラ症は人獣共通感染症の一種として認知されています。

 

つまりは、家畜やペットを媒介として人間にも感染する特殊な感染症なんですね!

しかし現代の日本ではほとんど駆逐されている菌なので、名前を聞いたことがなかったんです。

 

 

インフルエンザやノロウィルスの菌とは違って、ブルセラ症はブルセラ菌から発症します。

潜伏期間は1~3週間ほどあり、重篤な問題を人間に引き起こすんです。

 

 

具体的な症状はこちらです。

 

  1. 発熱
  2. 筋肉痛
  3. 全身倦怠感
  4. 頭痛
  5. 食欲不振
 

 

風邪に近い症状なので、感染して発症したとしてもブルセラ症だと診断するのは難しいと思うんです。

特に今年の夏は猛暑日が続き、全国で熱中症患者が多発しています。

 

 

気温が高いから体調が優れないのかな…と猛暑の影響だと勘違いして、症状を見過ごしてしまう可能性がありますよね。

スポンサードリンク




 

 

◆ブルセラ症の感染経路や経緯は?

 
 

 

長野県で発症したブルセラ症ですが、家庭内感染が確認されています。

家族4人が感染し、子供が3人、大人が1人の内訳となっているんです。

 

 

感染した大人の方は女性で、1月から高熱を繰り返していたそう。

7月下旬の現在の発表となったのは、ブルセラ菌が原因だと予測ができなかったからではないでしょうか?

 

 

ではなぜブルセラ菌が蔓延してしまったのか

感染した経路や経緯が気になりますよね。

 

 

詳しい感染原因や理由については、現在のところ特定されておりません

しかし『何らかの媒体を経由して感染した可能性が高い』と言われています。

 

 

野生の生き物や家畜が感染媒体となり、人間に感染する場合もあるそう。

そう考えると、自然豊かな長野県の野生の生き物が感染経路となり発症した可能性も考えられます。

スポンサードリンク




 

 

◆子供や大人や高齢者にも感染する?予防方法や治療法は必見

 
 

 

今回のニュースで注意すべきポイントが、大人や子供など年齢に関わらず感染する可能性があるということ。

特に免疫の弱い高齢者や赤ちゃんは感染する可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

ブルセラ症やブルセラ菌を予防方法については、症例が少ないため有効手段はありません

生肉や殺菌していない乳製品なども感染経路となりうるので、避けるのが安心です。

 

 

詳しく調べてみると予防接種も存在していましたが、ブルセラ症にピンポイントに効く予防接種って少ないと思うんです。

ブルセラ症の治療方法は病院での投薬が有効と言われています。

 

 

抗菌薬を投薬する方法と、人間への感染経路となる家畜などの獣医学的な対策が有効なんだそう。

 

 

聞きなれないブルセラ症は、風邪に似た症状を発症し潜伏期間は1~3週間あることがわかりました。

人間以外にも家畜や動物や乳製品なども感染媒体となるため、ナマモノや殺菌していない乳製品は避けるようにするのが安全です。

 

健康一番!体調管理に気をつけよう!

手足口病の症状の初期まとめ!手足だけや口だけの治療法や予防対策

パラインフルエンザウイルスの症状や検査方法と感染経路に要注意

飛蚊症の治し方は目薬やビタミンが効果的!食べ物や飲み物を紹介

 

スポンサードリンク


Return Top