女の子向けコミック

あげくの果てのカノンの最終回ネタバレや妄想の世界へ引き篭もり

あげくの果てのカノンの最終回ネタバレや妄想の世界へ引き篭もり

◆あげくの果てのカノンの2巻や3巻が面白い!結末を握る鍵がドロドロ

 

 

 

みんな~!!オタクってる~????( ^ω^ )

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

 

米代恭(よねしろきょう)先生の漫画あげくの果てのカノンの最終回結末のネタバレあらすじや試し読みできるアプリやサイトを紹介します!2巻や3巻も迫力満点の不倫ワールドで最新刊や4巻のストーリーも必見!登場人物の弟も好きなキャラクターで最終話ではバッエンドになる狂気のマンガとなっています!

 

 

 

私的には、SFと不倫と言うキーワードだけで片付けられる漫画だとは思っていなくて新ジャンル開拓の匂いがプンプンするのです・・・( ^ω^ )

 

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

 

◆マンガ挙句の果てのカノンの試し読みはどこでできる?最新刊や4巻のネタバレあらすじ

 

 

 

挙句の果てのカノンが密かに大ブームとなっているのはご存知でしょうか?

 

 

 

つい先日もヴィレッジバンガードに行った時に興味をそそるポップと共に平積みされていたのが漫画「あげくの果てのカノン」なのであります!( ^ω^ )

 

 
 

 

 

まずは、私が読んだ感想や考察、そして登場人物のキャラクターの性格や心変わりについてネタバレあらすじも含めながら語っていきます!( ^ω^ )

 

 

 

主人公は高月かのん(こうづきかのん)。

 

 

どこにでもいるような普通の女の子であり、自分のことは天才でも才能があるとも考えたことのない性格。

職業はパティシエで23歳と言う年齢ながらも、高校時代から片思いをしていた先輩の宗介に今でも想いを寄せている。

 

 

 

初恋とも言える淡い感情は、片思いの時間が長くなるにつれて美化され、かのんは宗介のことを神様的な神聖な存在として崇め始めていた。

 

 

 

宗介が神化した理由の一つには、世界を危険にさらしているゼリーと戦っているSLCのリーダーであることも起因している。

 

 

 

自分が恋している人が、人類を救う救世主や英雄として崇拝されている姿を見ていると、自分がずっと好きだった相手は本当に神様なんじゃないかという尊敬と愛と崇拝心が増してくるよう。。

 

 

 

しかしながら、かのんの片思いは一方通行のままでそれ以上でもなくそれ以下でもないのだ。。

 

 

 

それは、宗介はすでに結婚をしており結婚相手の嫁である境初穂(さかいはつほ)の存在があったからだ。。

 

 

 

一般的には既婚者と交際したり、彼氏彼女の関係になったりする場合には不倫や浮気と言われるが、かのんにはそんな感情は微塵も生まれなかった。

 

 

 

ストーリーが進んでいくうちに、ゼリーと戦う宗介の性格や人格が変わっていく。。

 

 

 

妻である初穂との関係はみるみる間に悪化していき、かのんと宗介の関係も徐々に変わっていくのだ。。

 

 

 

愛することとは何なのか、尽くすと言う本当の意味や愛の残酷さ、好きになった人間の心理や盲目さなど、包み隠さず人間の黒い闇の部分や感情が描かれているのであります( ^ω^ )

 

 

 

私的には、読み始めると2巻3巻4巻と最新刊や続きが無性に読みたくなる漫画なので、電子書籍や単行本を一気買いすることをお勧めだぞーん!!( ^ω^ )

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆あげくの果てのカノンの最終回の結末に注目!妄想の世界に引き篭もるバッドエンドと予想

 

 


 

 

私も読者の皆様も気になっているのが、あげくの果てのカノンの最終回の結末はどうなるのかということ!!( ;´Д`)

 

 

 

まだまだゼリーの正体や詳細は明らかになっていない点も気になるし、かのんと宗介とかのんの弟と初穂との今後の相関図や関係性も気になる・・・・

 

 


 

漫画レンタルならRentaでの電子書籍全巻買いがオススメ!!( ^ω^ )

 

本棚も圧迫しないし、一人暮らしで私のように部屋が狭目な人には電子書籍は神様なのです!!笑( ^ω^ )

 

 

 

 

 

話は戻りまして・・・・・

 

私の予想では、あげくの果てのカノンの最終回結末ではかのんの妄想が暴走してゼリーになってしまうんじゃないかと思っているんです!!( ;´Д`)

 

 

 

 

ゼリーとは地球を危険にさらす生物ですが、その正体は実は人間の闇やエゴ・・・!!!

 

 

 

宗介を始めとするSLCの特殊部隊と戦闘するたびに、ゼリーは少しづつ人間のエゴや人格や考え方を奪い取っていたのです。

 

 

 

 

そのため、戦うたびに人格が変わっていき別人のような味覚になったり、別人のような感情になったり・・・・

 

 

 

 

人間は過去を美化する生き物であり、未来に希望を託す生き物。。

 

かのんの宗介への恋が愛に変わり、それが崇拝となって憎しみになる時が来るのではないでしょうか??

 

 

 

 

好きという感情がエスカレートすると、勉強や食事や趣味や仕事は全く手がつかなくなることってありますよね。。

 

 

 

私は絶賛ラインハルトさまに恋い焦がれておりますが、時にはどうしようもなく2次元の扉をこじ開けたくなる時があります( ;´Д`)笑

 

 

 

最終話では、ゼリーになったかのんが宗介や弟を大事にする余り全てをリセットするという選択肢を選ぶのかもしれません。。

 

 

 

 

自分と宗介が幸せになって永遠になる唯一つの方法・・・・

 

 

それは世界の破滅・・・・・( ;´Д`)

 

 

 

今日は私の妄想や想像が爆走気味でしたが、これほどまでに引き込まれる漫画なのでまだチェックしていないオタク女子は今から電子書籍へgo!!

 

関連記事も必見!

米代恭(よねしろきょう)の年収やwikiプロフィールが干物女

あげくの果てのカノンの美人編集者!金城小百合(きんじょうさゆり)のwikiプロフィールや漫画愛

アシガール最終回予想を漫画結末から語る!若君と唯が永遠の別れ

4号警備原作漫画は葛井美鳥であらすじネタバレと評判Wikiに乱舞

 

スポンサードリンク


Return Top