ミュージシャン歌手ライブ特集

PANDORA(パンドラ)のライブツアーのセトリや曲目が至極

PANDORA(パンドラ)のライブツアーのセトリや曲目が至極

◆歌手PANDORA(パンドラ)のビルボードライブ東京大阪ツアーが決定!

 

 

 

みんな~!!オタクってる~????( ^ω^ )

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

 

浅倉大介さんと小室哲哉さんのユニットPANDORA(パンドラ)のビルボードライブツアーのセトリや曲目を大予想していきます!東京大阪で4日間のライブ日程でゲストアーティストやゲストボーカルや出演者にも期待の声が上がっています!

 

 

 

私的には、関係者席にglobeのケイコやマークパンサー、accessの貴水博之さんがくるのではないかと気が気でありません(笑)

 

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

◆PANDORA(パンドラ)のビルボードライブツアー2018のセトリや曲目を大予想

 

 
 

 

 

90年代のJpopずきと言ったら、シンセサイザーのスペシャリストは見逃せません!(^ω^)

 

 

そう・・・

 

日本が誇る二大シンセサイザー巨頭である、小室哲哉さんと浅倉大介さんのユニットパンドラ!!( ^ω^ )

 

 

 

 

この度、PANDORA(パンドラ)がビルボードライブツアーを2018年に開催することを発表したんですぅ~(^ω^)

 

 

私的にはセトリや曲目が楽しみで仕方ありません!!(^ω^)

 

ファンにとってみたらヨダレ必須の豪華ユニットのライブとあって、2018年のビルボードツアーまで待ちきれないっていうのが本音じゃないかな??笑

 

 

 

基本的にライブ当日までセトリのネタバレは見ない私ですが、ワクワクした気持ちを予想として綴っていきます(笑)

 

 

 

まず、パンドラ名義でリリースしているシングル曲はライブツアーでも披露することは間違いありませんよね!( ^ω^ )

 

仮面ライダービルドの主題歌になっているPANDORA(パンドラ)の「Be The One」!!

 

 

 

 

( ^ω^ ) < この曲なしでは今回のビルボードライブは語れないんじゃないかって思っています!

 

 

 

 

私的には、仮面ライダーも大好きですがパンドラのテンポのいいシンセサイザーバリバリの楽曲を聴くと心の底からワクワクするんですよね〜!!!( ^ω^ )

 

 

 

パンドラ名義としては、まだ1曲しかリリースが決定していないためビルボードツアーのセトリや曲目は新曲づくめになると思うんです!!

 

ユニットでのライブだから、個人名義の小室哲哉や浅倉大介の曲は演奏しない可能性が高いと思うと・・・・

 

 

 

( ^ω^ ) < PANDORA(パンドラ)のライブのセトリには、往年の名曲であるTMネットワークのゲットワイルドやaccessのNAKEDDESIREをパンドラバージョンで聞けるかもしれません!!!!!!

 

 

 

 

小室哲哉さんと浅倉大介さんのシンセサイザーユニットだから創れる次世代のアップテンポのインスト曲を中心としたメドレー形式のセットリストになるんじゃないかって予想しています!( ^ω^ )

 

 

 

私的には、ビルボードツアーライブが東京と大阪の2日間、4回しか開催されないことが惜しいと感じるのであります!!!!( ;´Д`)

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆PANDORA(パンドラ)のライブにゲスト出演者が多数?

 

 



 

 

私的に気になっているのが、PANDORA(パンドラ)のビルボードライブツアーではシンセサイザーがメインとなっているためボーカルが不在という点・・・!!( ;´Д`)

 

 

 

 

小室哲哉さんも大ちゃんもボーカルとして歌っている曲はありますが、ユニットとしてはゲストボーカルを迎えるんじゃないかって予想しているんです( ^ω^ )

 

 

 

 

accessのメンバーで浅倉大介さんの相方でもある貴水博之さんや、ゲストボーカルとしてコラボしたBeverly(ビバリー)がライブに出演者として登場する可能性は高いですよね!!( ^ω^ )

 
 

 

 

PANDORA(パンドラ)のユニット名の由来は・・・

 

ボーカリスト、アート、さらにはテクノロジーとのコラボレーションによる新しいエンターテインメントが詰まっている

 

 

バンドやユニットといった音楽の概念を超えた、アート映像やテクノロジーとコラボすることで新しいエンターテイメントを追求しているパンドラ。。

 

 

 

ビルボードツアーのライブでは、私達の想像の斜め上をいくような構成やパフォーマンスが待っているかもしれません( ^ω^ )

 

 

 

音楽業界だけでなく、芸術家や作家によるライブクリエイト、映像クリエーターとのプロジェクトマッピングなど音楽ライブという枠を突き抜けるライブになりそうですね!!( ^ω^ )ワクワク

 

注目記事も必見!

PANDORA(パンドラ)のライブ座席表やビルボードツアー日程

西川貴教が筋肉で太ったと話題で本や食事や器具に注目!ムキムキの秘訣

滝川英治は天然ボケ?仮面ライダー落選の過去やテニミュ手塚国光の秘話

 

スポンサードリンク




 

Return Top