マンガアニメ原作の実写版ドラマや映画

映画ラプラスの魔女の犯人や結末のオチは甘粕才生と謙人の歪な愛

映画ラプラスの魔女の犯人や結末のオチは甘粕才生と謙人の歪な愛

◆映画ラプラスの魔女のキャスト出演者に桜井翔さんや広瀬すずさんや福士蒼汰さん!

 

 

 

みんな~!!オタクってる~????( ^ω^ )

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

映画ラプラスの魔女の犯人や結末やラストのオチについて東野圭吾さんの原作小説から紐解いて解説していきます!考察や感想も必見で甘粕才生(豊川悦司)と甘粕謙人(福士蒼汰)の親子や羽原円華(広瀬すず)と青江修介(櫻井翔)の出演者キャストの人間関係や相関図も見逃せません!

 

 

私的には、櫻井翔さんが主演する東野圭吾ミステリーと聞いて映画館での公開日が待ちきれないほど楽しみにしているんです!( ^ω^ )

 

 

 

出演者キャストも個性的で、リリーフランキーや玉木宏さん、志田未来さんなどの脇役にも注目して見たいと思っていますよ〜!!

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

 

◆映画ラプラスの魔女のあらすじをネタバレ!原作小説の東野圭吾さんのミステリーがすごい

 

 
 

 

 

東野圭吾さんのミステリー小説の中で、ご本人曰く「いい意味で東野圭吾を壊して見たかった」と答えた作品がラプラスの魔女なんです!( ^ω^ )

 

 

 

作家の先生が自分自身のイメージや殻を払拭した作品と聞くと、私的にはセーラームーンの武内直子先生が結婚相手の旦那である冨樫先生のアシスタントをしていた情報と匹敵するくらい衝撃的な出来事ですよね!!笑

 

 

 

 

そんな映画ラプラスの魔女のあらすじやネタバレについて、一足お先に私が独自の目線で語っていきます!( ^ω^ )

 

 

 

 

まずは超豪華なキャスト出演者から見ていきましょう!!

 

 

  • 青江 修介 – 櫻井翔
  • 羽原 円華 – 広瀬すず
  • 甘粕 謙人 – 福士蒼汰
  • 甘粕 才生 – 豊川悦司
  • 羽原 全太朗 – リリー・フランキー
  • 中岡 祐二 – 玉木宏
  • 奥西 哲子 – 志田未来
  • 水城 千佐都 – 佐藤江梨子
  • 桐宮 玲 – TAO
  • 武尾 徹 – 高嶋政伸
  • 羽原 美奈 – 檀れい

 

主人公の青江役を演じるのは嵐の櫻井翔さん!

 

役どころは、泰鵬大学教授であり警察に依頼されて2件の出来事を推理し解明に導く役です。

 

 

 

 

あらすじやネタバレを見ていくと・・・・

 

映像プロデューサーの水城義郎が、妻と訪れた赤熊温泉で硫化水素のガス中毒で死亡した。その事故の3か月ほど前に水城の母親・水城ミヨシから、義郎のことで相談を受けていた中岡祐二刑事は、気になってミヨシに連絡を取ってみると、義郎の事故後に亡くなっていたことを知る。ミヨシの老人ホームで、遺品整理に現れた水城の妻・水城千佐都と遭遇した中岡は、千佐都が義郎の死に関与したと確信する。中岡は、赤熊温泉の事故調査を手掛けた青江修介教授に意見を求めるが、硫化水素ガス中毒で遂行するのは、屋外では不可能だと断言される。しかし、中岡は諦めきれずに地道に聞き込み捜査を行っていた。

一方、青江は不可能だと言ったものの、考えれば方法はありそうで気になっていた。そんな時、今度は苫手温泉で硫化水素ガス中毒の事故が起きる。地元新聞社から依頼されて苫手温泉で事故調査をしていた青江は、赤熊温泉の事故調査中に出会った羽原円華と再会する。円華の不思議な力を目撃し、また、担当した2つの事故調査の見解に自信が持てなくなっていた青江は水城義郎や那須野五郎のことを調べるうちに、映画監督の甘粕才生のブログに行き当たる。そこには家族に起きた悲惨な事故のこと、そして家族のことが書かれていた。

 

一見、何も共通点がないと思われていた二つの出来事に共通している人物が、豊川悦司さん演じる甘粕才生!

 

そして甘粕才生の息子役の甘粕謙人を福士蒼汰さんが演じます!!

 

 

 

広瀬すずさんが演じる羽原円華は物事の未来が予知できる才能を持っており、家族についても秘密や不思議を抱えている女の子。。

 

複雑に絡み合う二つの出来事と、家族の愛の歪みや思惑・・・・・

 

 

 

私的には、東野圭吾先生の作品にはあまりないSF的な要素も盛り込まれている作品だと思っており鍵を握る広瀬すずさんと福士蒼汰さんの心情や心の傷は映画の中でも見逃せないと思っています!( ^ω^ )

スポンサードリンク




 

 

 

◆映画ラプラスの魔女の犯人は甘粕才生と甘粕謙人の親子だった?ラストのオチや結末を予想!

 

 

 

私が気になっているのが、映画ラプラスの魔女の犯人は一体誰なのかと言うこと!!( ;´Д`)

 

 

 

原作小説を読み解いていくと、犯人は甘粕才生(豊川悦司)と甘粕謙人(福士蒼汰)の親子だという説が濃厚となっています!!

 

 

 

( ;´Д`) < だって、甘粕謙人(福士蒼汰)は植物状態で意識がない状態だし、甘粕才生(豊川悦司)はアリバイがあるし・・・・なんて日だ!!!!

 

 

こんな時はトヨエツの歴代ドラマをHulu(フールー)で見て癒されようっと!!( ^ω^ )



 

 

 

実は、甘粕才生(豊川悦司)には誰にも語れない過去の過ちがあり、その事実を知っている者は息子と自分だけだったのです。。

 

 

 

甘粕才生(豊川悦司)は家族が邪魔に感じるようになり、悲しい行動を起こします。。

 

その時に生き延びたのは甘粕謙人(福士蒼汰)だけですが、植物状態で意識は現在も戻らないままと言う状態。。

 

しかし、甘粕謙人(福士蒼汰)の意識はすでに戻っており父親の甘粕才生(豊川悦司)への復讐心を肥大させていたのです。。

 

 

 

植物状態から手術を受け意識を戻した時に、未来を予知できる第六感とも言える能力を開花させます。

 

そしてその才能を使い、家族をバラバラにした父親への復讐劇が始まるのです。。

 

 
 

 

 

そして、甘粕謙人(福士蒼汰)と同じ才能を持つのは羽原円華(広瀬すず)。

 

なぜ羽原円華(広瀬すず)も甘粕謙人(福士蒼汰)と同じ能力を持っているのかというと、甘粕謙人(福士蒼汰)の手術をしたのが父親である羽原全太朗(リリーフランキー)だったからなのです。

 

 

 

私的には、天才映画監督の父親とその家族がどんな悩みやすれ違いを抱え一線を越えてしまったのかと考えると本当に心が痛みます・・・・( ;´Д`)

 

 

 

人間を凌駕する才能を開花させると言う物語は、東野圭吾さんの新しい扉が開かれた新天地とも言える描写になっているのではないでしょうか!

 

話題の映画やドラマ作品も必見!( ^ω^ )

映画ドラえもんのび太の宝島の主題歌の歌や動画の歌手は安室奈美恵

電影少女のドラマ最終回結末のオチはビデオガールアイが人間に転生

アシガール最終回予想を漫画結末から語る!若君と唯が永遠の別れ

 

スポンサードリンク




 

Return Top