ニュース

大城陽向(ひなた)君の母親や父親の家族や兄弟の苦悩の本音

◆大外刈りで脳損傷を負った大城陽向(おおしろひなた)君の今現在やその後に注目

 

 

 

大城陽向(おおしろひなた)君の母親や父親の両親や兄弟の家族について注目しました。

 

 

大阪府岸和田市在住で柔道の練習中に急性硬膜下血腫で脳損傷を発症。

 

 

今現在も障害が残り車椅子生活を余儀なくされています。

 

 

発生経緯やリハビリのその後について紹介していきます。

スポンサードリンク




 

 

 

◆大城陽向(ひなた)さんの障害の発生経緯や原因とは?急性硬膜下血腫の治療法や症状を紹介

 

 

 

私が朝日新聞デジタルを読んで、ハッとさせられた記事があったのでご紹介します。

 

2017年6月21日に朝日新聞デジタルで配信された、「大外刈りで脳損傷」を負った男の子と家族のインタビュー記事。

 

現在も後遺症の障害が残り車椅子生活をしている大城陽向さんですが、怪我を負った原因理由やきっかけは柔道の練習中にあったそうなんです。

 

詳しく経緯について調べてみると・・・・

 

2014年3月に沖縄県豊見城市にある柔道教室での練習中に投げる練習をしている際に起こったそうなんです。

 

柔道といえば、体重や体格によって階級が異なり投げ業、寝技、組手など柔軟性と臨機応変な対応や判断が必要なスポーツ。

 

 

当時の状況はこのように語られていました。

香奈江さんが道場長から受けた説明によると、1本目の稽古が終わり、陽向君が泣いた。「頭を打ったのか」と指導者が聞くと、陽向君が「痛い」とうなずいたものの、相手の道着をつかんで練習を続ける意思を示したために再開。2本目、投げられた後に自分が投げる番になるとふらふらと歩き出し、倒れた。

 

 

その後、緊急搬送され急性硬膜下血腫が発覚し脳損傷が見つかったそうなんです。

 

大城陽向さんが受けた技は大外刈り。

 

相撲や柔道でもよく見る技ではありますが、熟練者であっても受け身が難しく大外刈りを練習させるためには適切なサポートや指導者の見極めが重要だと言われています。

 

 

スポーツの中で一番重要なのは、基礎体力と柔軟性と受け身。

 

香奈江さんは病院の医師から、陽向君の頭には打撲の痕がなかったと聞いた。「頭を打ったのではなく、強く揺さぶられたことで静脈が破れる加速損傷が起きて急性硬膜下血腫を発症し、さらに再び衝撃を受けて悪化したのだろう」と説明された。

 

この記事を読んでいると、スポーツの厳しさと同時に適切なサポートや指導者が必要な環境である問題が見えてくると感じています。

スポンサードリンク




 

 

 

◆大城ひなた君の母親香奈江さんの思い!家族である兄弟や父親の支え

 

 

 

大城ひなた君の母親である香奈江さんは、現在も息子のサポートをしながら長女と次男の2人の子供を育てています。

 

怪我を負いその後遺症で障害を持った息子のサポートをしながら、2人の兄弟を育てていくことは容易ではありません。

 

金銭的な部分もそうですが、一番は精神と肉体的疲労が心配です。。

 

香奈江さんは、母親でありながら父親の役割、ひなた君の生活サポート、弟や妹達の子育て、場合によってはパートやアルバイトをしているかもしれません。

 

 

指導者には子どもを守る知識を備える責任があるという言葉の重みや意味は、香奈江さんを始めとする家族や親族や兄弟の方が訴えることで影響力が増すとおもっています。

 

知らなかったでは済まされないことは世の中に沢山あり、無知と言う事実が時に取り返しのつかない事態を招くことがあります。

 

 

今回の記事を読み、改めて考えさせられた1日になりました。

 

柏崎桃子の旦那や息子が障害と年収の現実!ザノンフィクションで紹介

今井絵理子の彼氏と息子の障害原因の関連は?子育て支援制度の鍵

 

スポンサードリンク




 

Return Top