ノンフィクション

太田千春の刑務官の志望理由や失敗の日々をザノンフィクション

太田千春の刑務官の志望理由や失敗の日々をザノンフィクション

◆ザノンフィクションで刑務官の太田千春(おおたちはる)さんの心の葛藤に迫る

 

 

 

みんな~!!腐女子ってる~????( ^ω^ )

 

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

 

ザノンフィクションで刑務官の太田千春(おおたちはる)が自衛隊から転職した志望理由や動機について特集されます!2017年5月28日放送動画では女性刑務官の仕事や苦悩との葛藤に注目!人間関係や職業柄の厳しさは夢を持った若者の理想と現実の間に揺れているんです。

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

◆太田千春さんが自衛隊から刑務官に転職した志望理由や動機の真相

 

 

 

塀の中で女性刑務官として働く2人の主人公の一人が山本知絵里(やまもとちえり)さんと太田千春さん。

 

今日は太田千春さんについて、語っていきたいと思います!( ^ω^ )

 

刑務官の仕事と聞いて、私は漫画やドラマの中でしか仕事の内容を知らないことに気がつきました!

 

いわゆるシャバと塀で区切られた世界では、様々な事情を抱えた女性たちが社会復帰に向けて更生に励む施設。。

 

 

問題は毎日のように起こり、予想だにしなかった出来事の翻弄される時も多い仕事です。

 

 

太田千春さんが刑務官になった理由は、自分を変えたかったから。。

 

自衛隊だった過去や昔の自分の殻を破るために、新しい職についてリスタートを心に決めたんですね。

 


 

フジテレビオンデマンドでも動画の配信がされているノンフィクションの作品の王道中の王道と言う、フィクションでは語られない部分・・・!!

 

 

太田千春さんは自衛隊時代に人間関係で悩み新しい自分に生まれ変わるため発起したんです。

 

人間関係の根本となるのは、コミュニケーション能力です!

 

どんなに優しい性格でも素敵な内面の持ち主でも、自分の魅力を伝えるコミュニケーションツールがなければ相手に良さは伝わりませんよね。

 

刑務官として新しい人生を歩み始め、自分の殻を破ることができるのでしょうか?

スポンサードリンク




 

 

◆刑務官の太田千春さんの今現在!理想と現実の違いや人間関係に失敗の日々

 

 

太田千春さんはある日上司から呼び出しをされて、応接室に通されます。

 

緊張した気持ちは背中からでも伝わってくるような感じで、上司から言われた一言に救われる気持ちだったよう。

 

 

その言葉とは、「自分を出していないんじゃないか?」という問いかけ。。

 

刑務官が人間として、仕事として、一人の人間として受刑者に真摯に向き合うことは、とても重要なことです。

 

上司から見た太田千春さんは、もっとリーダーシップを取れる人材だと思っており、言われたことだけをこなす指示待ち人間になっていることを見抜くのです。

 

 

この上司からの問いかけに、自分が出せていないこと、今まで我慢して割り切っていたことを素直に話します。

 

上司としては期待の表れであり、もっと活躍できるフィールドがあることを示してくれました。

 

 

でもこの言葉は太田千春さんにとって、誰にも話せなかった葛藤の荷が下りたようなホッとした気持ちが多いんじゃないでしょうか!

 
 

刑務官という特殊な仕事は、一般的には職業内容や日常が見えづらい塀の中の仕事。。

 

十人十色様々な事情を抱えた受刑者達が収容されている中、刑務官として公平で正義の通った対応をしなければなりません。

 

時には厳しく、そして嘘をつかずに受刑者と向き合うこと、刑務官は塀の中で受刑者の生活をサポートすることで社会復帰のお手伝いをしているのです。

 

 

ロボットやコンピューターではできない人間同士のコミュニケーション・・・!!

 

 

太田千春さんにとって、苦手意識を持っていたコミュニケーション能力は着実に向上していると思いますし、今後も自分にも他人にも嘘をつくことなく自分らしい刑務官の職務を全うしてほしいと思います( ^ω^ )

 

山本知絵里(やまもとちえり)の彼氏と刑務官の苦悩をザノンフィクション

馬場汐音が性同一性障害で過去や昔を決別した理由をザノンフィクション

市川睦(いちかわりく)の整形と母親との確執をザノンフィクション

きよちゃんの家族や彼女の秘密とりあちゃんの現在をザノンフィクション

 

スポンサードリンク


Return Top