東芝の今後はどうなる?最新ニュース速報

東芝メモリの入札一覧の会社やスケジュールから売却先本命を予想

◆東芝の半導体新会社の東芝メモリの売却先本命はどこになる?WDへの売却に難色

 

 

 

みんな~!!腐女子ってる~????( ^ω^ )

 

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

 

東芝の半導体部門新会社である東芝メモリの入札一覧の会社やスケジュールに注目しました!売却先の発表日や決定が延期になる可能性に懸念の声が上がっています!本命の売却先企業はどこなのかブロードコムや韓国の名前が挙がっている理由も注目!WDへ難色を示しています。

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

◆東芝メモリの入札一覧の会社やスケジュールに注目!

 

 

 

東芝の半導体部門の売却先について、二次入札の締め切りが2017年5月20日に終了しどこの企業や会社が本命なのか注目が集まっています!

 

思わぬ誤算で赤字に赤字を重ねて来た東芝ですが、いよいよ正念場を迎える時がやってきているんです( ;´Д`)

 

 

 

というのも、東芝にとって稼ぎ頭の半導体部門の東芝メモリの売却先を決定する時がやってきたから!!

 

 

東芝メモリの売却金額は東芝の上場廃止や今後の経営を大きく左右する、重要項目として注目を集めているんです。。

 

 

2017年の決済でも赤字は右肩上がりとなっており、これ以上の負債を抱え債務超過になった場合には上場廃止になる危険を伴っているんです。。

 

東芝の上場廃止が何を意味するのか・・・・( ;´Д`)

 

現在、東芝メモリの入札が進んでいますが目下の課題としてWD(ウエスタンデジタル)との交渉決裂の対応が話題になっています!!

ウエスチングハウスの倒産影響と破産の真相!東芝子会社の最大の失敗

 

 

 

入札会社の一覧としてはこんな企業が名乗りを上げているんです。

 

コールバーグクラビスロバーツ(KKR)

韓国半導体のSKハイニックス

米投資ファンドのベインキャピタル

米半導体ブロードコム

ホンハイとシャープの連合

 

 

個人的に注目しているのが、韓国のSKハイニックス!!

 

この中ではあまり名前が知られていない会社かもしれませんが、韓国半導体企業の順調っぷりと言ったら日本のバブル期並みなんです!

 

 

東芝が保持している半導体技術をなんとかして手に入れ、シェアを拡大したいという思いは強いと思います!

 

また、韓国にとっては資金が潤沢にある今だからこそ東芝のようなブランド企業を買収できるチャンス!

 

もし時代が違ければ逆に買収されていた可能性も考えられますし、日本企業を買収するという行動にも意味があるのではないでしょうか。

 

 

東芝の今後の入札スケジュールに関しては、詳しい時期や期間は発表されておりません。

 

2017年度、2018年度中には赤字決算からの脱却と新体制の確率が整わなければさらに険しい道が待っているように思います。( ;´Д`)

スポンサードリンク




◆東芝メモリの売却先の発表日はいつ?韓国やブロードコムが有利

 

 

東芝メモリの売却先の発表日はいつになるのか注目しているところ!

 

ニュースイッチではこのような見解も紹介されているんです。

 

 東芝は5月から2次入札の手続きを本格化し、19日に入札を締め切る計画だが、後ろ倒しになる可能性が出てきた。仮にそうなると6月下旬の株主総会までに売却先を決め、各国の独占禁止法などの審査を経て、2018年3月期末までに売却手続きを完了するというシナリオも崩れかねない。

 

当初は2017年6月中に売却先企業を決定し、2017年度中には売却に関する手続きや処置を完了するというものでした。

 

入札が難航していることと、WDとの和解や合意の話に進展がない限りでは今後も入札に関して困難な道のりが待っているのかもしれません。。

 

 

しかし逆に言えば、東芝メモリの売却の目処がつけば上場廃止や新事業へ注力できます!

新生東芝の誕生が早く見られることを願っています!( ^ω^ )

東芝メモリ売却先本命はどこ?ブロードコムが日立アップルより優勢

東芝半導体工場閉鎖やリストラ対象は四日市や九州で給与面の心配を吐露

東芝テック売却2017はどうなる?社員や売却先が今後の鍵

東芝機械の倒産2017は秒読み?リストラの可能性と売却の将来

 

スポンサードリンク




 

Return Top