アニメオタクが語る!経済や世界情勢

前川喜平の退職金は5600万円は本当?文科省の実態や加計学園の謎

◆文科省の前川喜平事務次官の退職金の金額に衝撃事実!辞任した本当の理由とは?

 

 

 

文科省の前川喜平事務次官の退職金の金額が5600万円と報道されました。

 

 

加計学園の総理のご意向文章を認めリークした事実や捏造と言われている理由にも注目!

 

 

辞任前に職員宛にメールした文章全文や内容から人となりや性格や素顔を予想していきます。

 

 

朝日新聞で報道され、週刊文春で特集記事となっている前川喜平氏が持ち込んだ加計学園の文章についての真意にも注目が集まっていますね。

スポンサードリンク




 

 

 

◆前川喜平事務次官が辞任前に文科省職員宛に送付したメール文章の全文や内容から人柄を予想

 

 

 

2017年1月に文科省事務次官を辞任した元官僚の前川喜平氏。

 

朝日新聞では、前川喜平さんが辞職前に文科省の部下や社員に送付したメール内容や文章全文を掲載して話題になっています。

 

現在では、安倍首相と加計学園との癒着や口利きで融通を聞かせていた事実があったのか論点となっています。

この件について、文科省事務次官の決裁権がある立場だった前川喜平氏が、本物であることを認めているんです。

 

しかしながら、この文章の原文や元となる資料は文科省には履歴が残されておらず出版社や新聞社に前川喜平氏が持ち込んだ本人ということから自身が捏造してリークした文章なのではないかと言われているんです。

 

 

だとしたら、菅官房長官が入っていた通り「本物の怪文章」だと証明されますね・・・・

 

 

では一体何のためにバレそうな捏造をしてリークしたのでしょうか?

まずは前川喜平氏の人柄や性格について、辞職前に文科省職員に宛てた挨拶メールから汲んでいきます。

 

 

挨拶メールには、自身が辞職となった天下りあっせん問題について事実と認めたのち、文科省官僚としての思いを馳せていました。

 

メールは3000文字以上の長文となっており、文科省の役割や仕事の是非が綴られています。

 

文科省でやり残した仕事、達成した仕事についても触れられており、文章を読んでいると自身の仕事に対して愚直で真面目な印象を受けました。

 

しかし私が気になったのが「頑張ってください」という言葉が、要所に使われていたこと。。

 

 

普通の言葉のようにも見えますが、天下り問題で辞職した官僚が部下に頑張れというのは、なんだか筋違いな気もしているんです。。

 

 

個人的な捉え方かもしれませんが、頑張れというワードに込められている「悔しさ」「恨み」を感じるのは私だけでしょうかww

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆前川喜平氏の退職金は5600万円で文科省官僚の平均年収をチェック!

 

 

 

前川喜平氏が文科省を辞職するにあたり、退職金5600万円を受け取ったとして朝日新聞が報じていました。

 

( ;´Д`) < あれ??また朝日新聞・・・・なんだか偶然には思えないな・・・

 

 

ネタ提供をする結託を組んでいるのか、契約をしているのかと有り得ないことを勘ぐってしまう私www

 

 

退職金の金額を聞いて、一軒家やマンションが購入できる金額じゃん!と思った方も少なくないと思います。

 

前川喜平氏の退職金の金額は、歴代事務次官と比較しても高額で経歴や全うした職務や役職が金額に反映された結果だそう。。

 

 

民間企業でもこの金額の退職金が出る会社は聞いたことがありませんし、官僚を目指す若者が多いのも納得できますね。

 

退職金の金額もビックですが、加計学園の真意についてもビックな結末となりそうな予感・・・!!

 

前川喜平の息子佑作は厚労省の職員で医師だった!エリート家系の素顔

前川喜平事務次官の経歴や出身高校の学歴!週刊文春に暴露の本音

 

スポンサードリンク




 

Return Top