展示会やアート美術展情報

ジャンプ展のグッズ通販や再入荷売り切れ情報!複製原画がレア

ジャンプ展のグッズ通販や再入荷売り切れ情報!複製原画がレア

◆ジャンプ展2017東京六本木のグッズ売り切れ情報!ジャンプ展第1弾が絶好調!

 

 

みんな~!!腐女子ってる~????( ^ω^ )

 

アデュー!こだまちゃんだぞ( ^ω^ )

 

 

ジャンプ展2017東京六本木ヒルズで7月18日から開催されグッズの売り切れ情報や再入荷や再販売や通販方法を紹介していきます!第1弾から第3弾まで巡回予定で展示内容や見どころも必見!撮影ポイントや歴代ジャンプ作品の歴史も注目です!完売速報の情報はTwitter(ツイッター)が早いんです!

 

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果と、オタク女子の感想や意見を盛り込んで紹介していきます!♪(´ε` )

スポンサードリンク




 

 

 

◆ジャンプ展2017夏の展示内容を紹介!歴代ジャンプ作品が3部構成で連載歴史を振り返る

 

 

2017年の夏はオタク女子にとって多忙を極める季節になると、最初に宣言しておきます!( ^ω^ )

 

 

2017年7月18(火)〜10月15日(日)までの期間に、東京六本木ヒルズの森美術館にてジャンプ展2017が開催されるのです!

 

ジャンプの創刊50周年を記念したアニバーサリーイベントで、現時点では2018年春の第2弾、2018年夏の第3弾まで開催が決定しているんですぅぅ!!

 

 

( ^ω^ ) < ジャンプに青春時代を捧げてきた私からすれば、幼馴染の記念日を祝わずには要られません!!ww

 

 

 

私の心の友であるジャンプに連載されていた過去や現在のマンガ達について紹介していきます!( ^ω^ )

 

 

ジャンプ展2017の第1弾では、創刊当時から1980年代までに連載がされていた漫画を中心に展示物が構成されています!

 

キン肉マンやドラゴンボール、北斗の拳やキャプテン翼など今でも愛されている作品ばかり!!( ^ω^ )

 

 

海外でも人気の高い日本の漫画で、私的には「漫画第二世代」と言えると思っているんです!( ^ω^ )

 

 

1980年台にはテレビも一般家庭には欠かせない家電になっていますし、ビデオやアニメにも力を入れていた時代!( ^ω^ )

 

バブル初期という時代背景もあって、ジャンプで連載されていた漫画にも1970年や1980年を色濃く反映している描写が多いのも特徴的ですね( ^ω^ )

 

 

何と言ってもこの頃に連載されていた漫画の多くは、戦うものが多く強さは男の子の憧れであり象徴でもありました!

 

同時期にはマガジンやサンデーも人気の漫画雑誌でしたが、やっぱりダントツで集英社パワーはすごかったと歴史を振り返ってみても感じます( ^ω^ )

スポンサードリンク




 

 

 

◆ジャンプ展2017東京六本木のグッズ通販方法!再入荷や完売速報の情報はTwitter(ツイッター)が早い

 

 

 

ジャンプ展2017の東京六本木ヒルズの展示会では、展示内容や原画ももちろんのことですがグッズも欠かせない注目ポイント!!( ^ω^ )

 

 

今回は3部構成で時代別に展示物が変わるため、1部では40代や50代の方が少年時代に熱中した作品のグッズや原画やセル画が購入できるチャンスなんです!!

 

 

 

子供の頃には欲しいグッズや漫画を買うために、両親の手伝いをしてお金を貯めたりお小遣いを貯金していました!

 

( ^ω^ ) < 大人になった今、汗水垂らして働いたお金をジャンプ展に使わずして何に使うというんでしょうか!!!ww

 

 

私的には子供時代に叶えられなかった「大人買い」を実現させるチャンスをジャンプ展は50周年で私達に与えてくれたんだと信じています!( ^ω^ )

 

 

グッズ販売のエリアは、展示コーナが終わった後に設けられておりグッズ購入列も行列や混雑が予想されます!

 

グッズのみを購入したい方でも入場券を購入しなければなりませんのでご注意くださいね!

 

 

先日私が行ってきたマーベル展のグッズ売り場を参考に紹介すると、マーベル展で販売されていた複製原画は後日自宅に配送されるシステムになっていました!

マーベル展グッズ販売フィギュアやネット通販方法や売り切れ再入荷

 

 

そのため、グッズ販売会場では専用申し込み用紙に必要事項を記載してレジでお会計をするだけ!

 

自宅に戻ってから、ネットで配送先住所の指定をし購入が完了となる仕組みでした!( ^ω^ )

 

 

またマーベル展でいつも売り切れで再入荷待ちとなっていた人気グッズが、フェイスタオル!!

 

マーベルキャラがデフォルメされて総柄のように配置されている可愛いデザインで、マーベル好きは是非購入したいグッズでした!( ^ω^ )

 

次に人気だったグッズが、ピンバッチや缶バッチ!!

 

私的には意外だったのですが、なぜ人気なのか分析してみたところ値段や価格がお手ごろだったことが人気の秘訣だったようです!!( ^ω^ )

 

 

せっかくマーベル展に行ったからお土産や記念として500円〜1000円前後のグッズを購入する方が多く、ピンバッチだったら帽子やジャケット、カバンにもつけられるし持ち帰る時にも荷物になりません!!

 

 

私はどっさり購入したので、クレジットカード決済という魔法を使いましたがジャンプ展でもカード決済は可能だと思います!( ^ω^ )

 

 

いよいよ2017年7月から始まるジャンプ展を前に、電子書籍で当時のジャンプ作品を大人買いしようか迷い中のオタク女子なのであります!!( ;´Д`)お金が・・・ない!!ww

 

ジャンプ展大阪2017の巡回予定を紹介!新潟や東京六本木でも開催

ジャンプ展ピンズチケットの予約購入方法と販売先!売り切れ続出

ジャンプ展の混雑状況や待ち時間を平日や土日祝の時間帯別で予想

ジャンプ展2017六本木のグッズ一覧まとめや東京限定原画を紹介

 

スポンサードリンク




 

Return Top