ニュース

日本コンタクトレンズの不渡りで倒産危機!今後の民事再生の行方

日本コンタクトレンズの不渡りで倒産危機!今後の民事再生の行方

◆日本コンタクトレンズ(ニチコン)が民事再生を申請で低迷するハードコンタクトの波

 

 

 

 

日本コンタクトレンズ(ニチコン)が民事再生を申請し不渡りが明るみとなり倒産危機と囁かれています!

 

 

 

今後や今現在の経営や社員や従業員アルバイトパートの大量リストラの可能性も心配ですよね・・・・( ;´Д`)

 

 

 

私的には、ハードコンタクト低迷の余波は他企業にも影響の予感がしますし、工場閉鎖や事業委託の可能性も考えられます。。

 

 

 

視力が強い人にとってみればコンタクトレンズは欠かせない生活必需品ですけど、最近ではソフトコンタクトが主流となってきているためハードコンタクトの市場が目減りしてきているのが分岐点だと思うんです。。

 

 

 

私が独自の捜査網を駆使して調査した結果について紹介していきます!

スポンサードリンク




 

 

 

◆日本コンタクトレンズ(ニチコン)の不渡りで大量リストラの可能性は?

 

 

 

 

日本コンタクトレンズ(ニチコン)が不渡りを発表し、コンタクトレンズメーカーのパイオニアと言われた日本老舗企業が倒産危機に追い込まれているという現状があるのです。。

 

 

今後の展開として注目しているのが、民事再生を行っているのでそのタイミングで従業員社員のリストラや人件費削減を大量に行うのではないか?と感じているんです。。

 

 

 

 

個人的には、ニチコンといえばコンタクトレンズの大手でケア用品など幅広く取り扱っているイメージで最近参入してきた製薬会社よりも「安心、安全、専門店」というイメージが強いですな!( ^ω^ )

 

 

 

私も昔からコンタクトレンズを愛用していた身なので、正直不渡りが出た報道については衝撃的で今後の動向や民事再生の結果が気になるところなのです・・・!!( ;´Д`)

 

 

 

 

でも周りでコンタクトを使っている人の傾向や、コンタクトレンズを買いに行った時でもハードコンタクトを購入している姿は見かけません。。

 

 

今までは度数の高い場合、ハードコンタクトでないと矯正ができず、乱視や強度数の方にはハードコンタクトという暗黙の了解がありましたが近年の進化でソフトコンタクトでも−10.00まで度数が出ることから、ケアも簡単で目への影響や負担も少ないソフトへの移行が進んだよう・・・!!

 

 

今現在のニチコン従業員は95名ですが、今後は生産部門中心に人員削減の傾向が強まりそう。。

スポンサードリンク




 

 

 

◆日本コンタクトレンズ(ニチコン)の倒産危機は免れるか?今後の行方や動向を予想

 

 

 

 

不渡りの報道のそのあとの展開を考えると、日本コンタクトレンズ(ニチコン)の倒産危機が心配になりますよね。。

 

 

スカイマークも民事再生を行い倒産は免れたものの、株価は急低迷し経営難であることには変わりありません。。

 

 

ニチコンの事業は低迷するハードコンタクトやそのケア用品が中心のため、今後はライバルで同業のメニコンやジョンソンアンドジョンソンが買収したり合併する可能性も低いように感じます( ;´Д`)

 

 

 

またコンタクトレンズ需要は年々増えているものの、レンズ種類はノーマルなコンタクトからファッション性の高いカラーコンタクトにシフトチェンジしているため、ニチコンもハードコンタクトしか出せない色味や柄など派手で唯一無二なコンタクト製造にシフトチェンジしてもいいのかな?なんて素人目では感じます!

 

 

カラコン需要は今後も伸びていくと思いますし、スマホやPCの普及で日本人の視力低下は加速する一方。。

 

 

 

レーシック手術も一時期はやりましたが、後遺症などの問題で最近ではあまりいい評判を生みませんし、オシャレメガネとしてコンタクトと併用している人もいますよね〜

 

 

 

ケアの簡単なハードコンタクトで高齢者向けとか、緑内障や白内障向けのカラコンなど実用性とファッション性を兼ね備えた商品が今後は需要が高まってくると感じています( ^ω^ )

 

 

今現在の方針から一気に復活を遂げられるような秘策を掲げて倒産危機を免れて欲しいと願うばかりですね・・・!

 

最新経済ニュースもチェック!

東芝メディカル売却先決定でキャノンのリストラが加速の噂の真相

東芝EIコントロールシステムで不正会計発覚!経緯や営業社員の手口

化血研の血液製剤の種類を公開!動物用ワクチンも不正製造が発覚!

カロリーメイトゼリー膨張原因や工場はどこ?かび混入で株価下落

 

スポンサードリンク




 

Return Top