ニュース

三菱自動車の補償最新情報!水島製作所や日産の今後の倒産の可能性

◆三菱自動車の補償最新情報を紹介!

 

 

 

三菱自動車の補償最新情報について紹介していきます!

 

 

 

水島製作所や日産に対して補償金額は400億円に上り今後の倒産の可能性や自己破産の危機が危ぶまれています。

 

 

 

今期の赤字が1500億円に上り株価への影響にも波紋が起こりそうですね。

 

 

 

またネット上では、6月7月に倒産するのでは?と危機感が囁かれています。

 

 

 

三菱自動車について、私が独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介します!( ´ ▽ ` )ノ

スポンサードリンク




 

 

◆水島製作所や日産へ対して補償金額400億円の見込み

 

 

 

三菱自動車の部品最大手の下請け会社である水島製作所や日産に対して支払う補償金額が400億円にのぼることが発覚し、今期の計上赤字見込みは1500億円以上と言われています。

 

 

 

水島製作所は三菱自動車のリコール対象車の多くの部品を作っており、一連の報道により工場の稼働停止や従業員への休業補償などで経営が悪化・・・

 

 

 

一時期は今後の再開目処が見えない暗い茨の道なだけに、水島製作所の倒産も囁かれていましたよね。。

 

 

 

補償金額の内訳は以下の通りなんです。

 

 

水島製作所への従業員休業手当が40億円

同製作所の減損で100億円

部品メーカーへの補償などが210億円

顧客に対する告知や事務局開設、弁護士費用などの対応で150億円

カタログの再作製やエコカー減税ラベルの貼り替えなどで100億円

 

 

水島製作所以外にも、下請け部品会社への影響も大きく今後の対応にも注目です。

スポンサードリンク




 

 

 

◆三菱自動車の自己破産の可能性や倒産の危機?

 

 

 

三菱自動車の自己破産の可能性や倒産の可能性ですが、2015年の不正燃費データ発覚当時から囁かれていましたが実際には倒産や自己破産の可能性は極めて低いようなんです。

 

 

 

日産が三菱自動車に対して援助することが公表されましたが今後の支援期間について、三菱自動車の経営が回復するまでなのかどうかという点に不安が残りますね。

 

 

また、関連部品会社にとっても三菱自動車の主力車種が一部販売中止となったことを受けて完全生産ラインがストップしてしまう為早期の事業方針の転回が必要な状況に迫られています。

 

 

日本を代表する企業なだけに、なんとか立て直しに成功させ関連会社含め倒産の危機を乗り越えて欲しいものですね。

 

オススメ記事はこちら

ニケシュアローラの今後や現在はグーグルへ出戻り?年収100億超の真相

窪田健一(大戸屋社長)の経歴wikiプロフィール!年収や野望に衝撃

UCC上島昌佐郎社長の年収金額や嫁や子供は秘密?お家騒動がない理由

スポンサードリンク




 

Return Top