ニュース

個人型確定拠出年金の運用のコツとは?公務員や主婦はNISAよりも得

個人型確定拠出年金の運用のコツとは?公務員や主婦はNISAよりも得

◆個人型確定拠出年金のコツとは?2017年から運用開始

 

 

 

個人型確定拠出年金が2017年から公務員や主婦にも加入できるようになります!

 

 

 

手数料や資産運用方法や業者選定が気になるところ。

 

選び方によって将来受け取れる年金の金額には大きく差が生じる可能性もあるため、1円でも多く受け取れるような選択をしたいと私も感じています♪( ´θ`)ノ

 

 

確定拠出年金について、オススメや比較した結果をご紹介します!

 

NISAよりもお得なことが判明で初心者でもチャンスはありますよ!

スポンサードリンク




 

 

◆公務員や主婦の資産運用方法や比較のオススメを紹介

 

 

まず最初に、「個人型確定拠出年金」とは?と疑問に感じる方も多いハズ。。。。

 

 

加入者が月々の掛金を積立し、予め用意された金融商品で運用すると60歳以降に年金または一時金で受け取りができるもの。

 

 

今までは限られた人しか運営ができませんでした。

自営業者や企業独自の年金がない会社員ら約4千万人がその対象となっていたんですが、2017年からは公務員や主婦の方も対象となり、約6700万人の方が利用できるようになるんです。

 

 

現在では主婦の方でもパートやアルバイトと兼任されてる方も多く、所得がある方にとっては個人型確定拠出年金として運用しているお金が全額所得控除になるので長い目で考えるとかなりのお得ということになるんです。

 

 

普通に働いている場合、毎月の総所得金額から所得税と住民税が差し引かれますが、確定拠出年金を運用していれば掛け金分への税金はかからないという仕組み!

 

 

確定拠出年金は業者ごとに費用が変わってきますが、所得税と住民税の控除総額よりもお得になりますよ♪( ´θ`)ノ

 

金融機関や証券会社など幅広いプランが存在しているのでどのプランを選べばいいのかわからないですよね。。

 

 

個人的には、60歳以降に受け取る前提なので信頼のある業者がいいと思います。

 

また何かあった時に対面で相談できるような、家の近所や馴染みの地域にあった方が初めての方も不安や心配は要りませんよね!

スポンサードリンク




 

 

 

◆個人型確定拠出年金とNISAはどっちがお得?

 

 

 

近年で注目が集まっているNISAより長期的な資産運用を目的としている方にとってはお得になるケースもあるんです!

 

 

NISAよりもお得なポイントとしては・・・・・・

 

・掛け金が全額所得控除で非課税となる

・運用益の非課税期間に縛りがない

・運用する商品が幅広い

 

 

つまりは今まで収入調整をし年間103万以内で所得を抑えていた方が、最大で276,000円分収入を増やすことが可能になります。

 

 

276,000円分を10年運用したら・・・・・

 

276万円も増えることになるんです!!!!( ;´Д`)

 

 

この金額から運用資金などが引かれますので丸っと増える訳ではありませんが、積み重ねの金額って大きいですね・・!

 

 

しかも60歳以降で受け取るので、人生設計も立てやすいですし仕事人としての第一線を退いた後や子育てが落ち着いた頃の第二の人生も充実させることができます。

 

 

最近では60歳以降の老後の人生において、やりたいことが見つからない方が増えており仕事一筋で生きてきた為、仕事以外の時間の使い方に戸惑う方も多いんです。

 

人生設計を立てることで充実感も変わりますし、目標や夢はいくつになっても持ち続けたいですよね♪( ´θ`)ノ

 

オススメ記事はこちら

カルソニックカンセイ売却で株価へ影響?日産が三菱自動車再建資金へ

三菱自動車が日産と資本業務提携で再建へ!アジアシェア拡大の今後

モーリーロバートソンの結婚相手の嫁は着物美人?カミングアウトの真相

スポンサードリンク




 

 

Return Top