ニュース

水島製作所が今後閉鎖の噂!自宅待機や三菱自動車の動向の行方は?

◆三菱自動車の下請け会社である水島製作所の今後はどうなる?

 

 

 

三菱自動車の下請け会社である水島製作所の今後について注目が集まっています。

 

 

 

閉鎖の噂の真相が気になりますよね。。。

 

 

 

「夜勤なくなる」「自宅待機」と従業員から不安の声も上がっており2chでも話題なんです。

 

 

 

今後、日産の傘下になった後の盛り返しの行方が鍵となりそうです!

 

 

 

三菱自動車の今後や水島製作所について、私が独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介します!

スポンサードリンク




 

 

 

◆水島製作所が閉鎖の噂の真相とは?「夜勤なくなる」「自宅待機」と従業員から不安の声

 

 

 

ヤフーニュースでも話題になっていましたが、三菱自動車の不正データ問題が発覚してから、その余波は下請け会社にダイレクトに影響が及んでいるそうなんです。

 

 

 

特に、水島製作所は岡山県倉敷市の三菱自動車の主力工場でもあり従業員数は3600人。。

 

 

そのうち、1300人もの従業員の方が現在自宅待機中の状態なんだそう・・・・!!

 

 

 

 

また岡山県全体で三菱自動車関連に従事している方の述べ人数は県が発表しているだけでも1万人を超える人数なんです。。

 

 

今回報道になっていたのは水島製作所ですが、他の部品メーカーや工場などへの影響は計り知れず、現在も生産がストップしているだけに急速な事実確認と生産の再会が気になるところです。

 

 

 

 

また、水島製作所の関連キーワードとして「夜勤なくなる」といったつぶやきも出てきているんです。。。

 

 

 

三菱自動車の主力生産工場として、24時間の生産ラインで稼働していただけに、今回の発表を機にコスト高の夜勤からラインをストップしたんだと思います。

 

 

 

また岡山県だけでなく、三菱自動車の下請け会社は愛知県にも200社以上あり、ニュースにはなっていませんが相当なダメージを被っているのは間違いありません。

スポンサードリンク




 

 

 

◆三菱自動車の今後の動向は?日産の傘下で盛り返しの行方

 

 

 

三菱自動車の今後の動向ですが、日産傘下に収まるとの報道もありますが正式な締結はこれから・・・。

 

 

 

ほぼほぼ、日産との業務提携を結ぶ方向で動いていることは周知の通りですが、日産傘下に入ることによって様々な不安の声が上がっているんです・・・・!

 

 

 

 

それは、三菱自動車が日産と業務締結し生産を再会させる時に今と同じ下請け会社を利用するのか?という不安です。。

 

 

 

今までの赤字を挽回するべく費用対効果や生産性向上の言及にシビアになる可能性が考えられ、水島製作所含め今まで取引のあった企業と決別する可能性が囁かれているんです。

 

 

 

企業としては、利益が見込めないと成り立ちませんし、今回の報道で多額の負債が出ていますし、安価で依頼できる海外に委託する可能性も考えられます。

 

オススメ記事はこちら

シャープのリストラ最新ニュース速報を紹介!ホンハイ再建策に注目

三菱自動車が日産と資本業務提携で再建へ!アジアシェア拡大の今後

高所平気症をWikiで紹介!症状や治療法やセルフチェック方法を紹介

スポンサードリンク




 

Return Top