ニュース

セカンドキャリアの女性支援に社団法人が注目!40歳の壁と現実

セカンドキャリアの女性支援に社団法人が注目!40歳の壁と現実

◆女性のセカンドキャリア支援の一般社団法人「GrowAsPeople」に注目

 

 

 

女性のセカンドキャリア支援をする一般社団法人「GrowAsPeople」が注目されています。

 

 

 

 

現代の女性が抱えるワークプアや40歳の壁について晩婚化との関連を紹介。

 

 

 

女性が活躍する市場や出産後のセカンドキャリアについて紹介します!

 

 

女性の社会進出は同じ先進国の外国と比較してもまだまだ日本の水準は低いですが、確実に年々推移は上がってきている現状。

 

 

しかしながら、一方では格差社会とも囁かれており、所得金額に大きな格差が生まれていることも現実なんです。

 

 

また、近年では離婚率も上がってきているのが現実で今や確率だけでいうと3人に1人は離婚している状態にもなっています。

 

 

様々な要因はあるにしても、そんな現代を女性が生き抜いていくためにはセカンドキャリアは重要であり、今後の日本にとっても重要な課題であることは間違いありません。

 

 

 

日本が抱える女性のセカンドキャリアについて、私が独自の捜査網を駆使して調査した結果について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク




 

 

◆現代女性が抱える40歳の壁とは?社会復帰への一歩が困難な理由

 

 

 

現代の女性が抱える問題はたくさんありますよね。

 

 

以前ブログでの意見が話題になった「待機児童問題」や、晩婚化による少子化、出産後の就職難などひと昔前の環境とはガラっと変わっているのが現状。。。

 

 

特に80年代のバブル絶頂期から比較すると、所得収入や物価も大幅に変わり長く続いた不況に少しずつ回復の兆しが見えているのが現状です。

 

 

 

しかしながら、働く女性にとって「40歳の壁」が大きな問題となっているんです。

 

 

 

40歳という節目では、女性の体調面の変化や就職困難、家族の介護、子供の進学など人生の役割も格段と増えてくる年齢です。

 

 

近年では晩婚化も進むんでおり、特に関東に住居を置く女性の晩婚化に拍車がかかっているのが現状です。

 

 

また、子育てをしながら介護も行い、母親として家庭も守るといった役割が40代前後の年齢に増えることや、そのタイミングで体調の変化が訪れる方も多く、やむなく仕事を退職する方も多いんです。

 

 

 

介護や育児と一言で言いますが、その内容は体験された方でないとわからない苦しみがありますよね。。。

 

 

そして、最近では地域コミュニケーションが不足している地域も多く、介護や育児での相談相手が近くにおらず一人で抱えて良くない方向に考えて思い悩んでしまう女性も多いのです。

 

 

熟年離婚が多くなった理由の一つとしては、女性一人で生きて行くことが可能になった環境になったことやメディアやSNSを通じ自由に生きている人が多くいることを知る機会が増えたことにも起因していると私は思います。

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆晩婚化とセカンドキャリアの関連とは?女性が活躍する市場に注目

 

 

 

女性のセカンドキャリアを支援する団体では、40歳と言う壁を乗り越えるべくビジネスマナーの基本から講習してくれる団体もあるそうなんです。

 

 

また人材会社などでも、PCの無料講習や資格取得支援をしてくれる企業も多くあります。

 

 

 

超高齢化社会となっている日本ですが、今後もこの高齢化社会は進んでいくことが予想されており、現時点でも人口の4人に1人は60歳以上となっています。

 

 

若年層の負担が大きくなることは目に見えており、女性のセカンドキャリアの実現がますます難しくなるのでは?と懸念の声が囁かれているのも事実。。。

 

 

 

今後は女性のセカンドキャリアを支援し支えてくる上では、介護や育児との付き合い方や負担軽減も合わせて考えていかないと現状逸脱は難しそうですね。

 

オススメ記事はこちら

金子祐介の妻ひとみの病名はがんだった!子供と嫁の看病生活に涙

もののけ姫でハンセン病は都市伝説じゃなかった!エボシの秘密に関連

小島将平は車いすランナーで妻の壮絶な看病が感的‼バンキシャで紹介

スポンサードリンク




 

Return Top