ニュース

三菱自動車が倒産の危機でリストラの可能性も示唆の真相の秘密

三菱自動車が倒産の危機でリストラの可能性も示唆の真相の秘密

◆三菱自動車が燃費データ不正で負債額1000億円超!

 

 

 

三菱自動車が燃費データ不正が発覚し、負債額は総額1000億円を超える見通しと言われています。

 

 

 

株価や関連会社にも大きな波紋を呼んでおり社長の相川哲郎さんが引責辞任を発表!

 

 

 

倒産やリストラなど従業員も困惑している模様で三菱重工も無念のコメントを発表しています。

 

 

2015年は東芝の不正会計問題が日本企業の間で大きな話題となりましたが、今回も大手の三菱重工グループの不正発覚とあって関連会社や取引先企業、自動車関連事業に影響が及びそうですね。

 

 

 

 

今回の問題発覚の経緯や、詳細について私が独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介します。

スポンサードリンク




 

 

◆三菱自動車の倒産の噂の真相は?三菱重工も無念のコメント

 

 

 

 

今回問題となっているのは、三菱自動車が1991年から国が定める方法とは異なる方法で燃費を計算してそれを売りにして販売していた事実が発覚したということ。

 

 

 

 

個人的には性能的に販売する際の表示と実物が違い、危険を伴うリスクがなかったことだけが幸いだったと思います。

 

 

 

 

また注目されている点は、1991年から25年間に渡り燃費の計算方法を不正していたという点。

 

東芝の不正会計問題の際にも問題になりましたが、発覚が遅くなった社内体制や監査が機能していないということから他にも不正があるんではないか?と疑念を抱いてしまいます。

 

 

 

 

日本を代表する大手企業だからこそ、管理体制や社内整備は確立したものがあると思いがちですが、立て続けの不正発覚にその神話が崩れようとしているのかもしれません。

 

 

 

 

未だはっきりとわかっていない点が、「不正を指示した人物は誰か?」「どの車種で不正データを使用していたのか?」

 

 

 

実態が明らかになっていないですが、社長である相川哲郎さんが引責辞任を発表しています。

 

 

 

 

ここで心配するのが倒産の可能性。

 

 

 

大手企業が親会社なだけに、グループ全体が倒産の可能性はないですが自動車分野からの撤退を余儀なくされる可能性も考えられます。

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆三菱自動車の今後のリストラや業務縮小の可能性は?従業員社員も困惑

 

 

 

 

燃費データの改ざんが発覚し、今後の動向や方向性が定まっていない中で一番困惑しているのが従業員の社員やアルバイトの皆さん。

 

 

 

 

自動車分野を縮小するにしても継続するにしても、現在抱えている問題をクリアにしないといけませんし負債額は1000億円に上る見込みと囁かれているだけに体制の変角は必須条件。。

 

 

 

 

そうなるとリストラの可能性や減給など少なからず現場で働いている従業員にも影響が出ることは予想されます。

 

 

 

 

東芝の一件とは規模も内容も異なるので、一概に比較できませんが一度失った信頼を回復するのには相当なお金とアイディアが必要だと感じますね。

 

 

関連記事はこちら

三菱自動車が日産と資本業務提携で再建へ!アジアシェア拡大の今後

三菱自動車の株価がおかしい秘密と今後は?リコールニュースの真相

シャープのリストラ最新ニュース速報を紹介!ホンハイ再建策に注目

東芝メディカル売却先決定でキャノンのリストラが加速の噂の真相

東芝テックソリューションサービスが売却の危機!?倒産の心配は?

スポンサードリンク




 

Return Top