ニュース

LINE立ち入り検査で供託金数億円の真相!ソーシャル会社の課題

LINE立ち入り検査で供託金数億円の真相!ソーシャル会社の課題

◆LINE立ち入り検査を財務局が実施!法整備の穴が浮き彫り化

 

 

 

LINEへの立ち入り検査を財務局が実施し話題になっています!

 

 

 

 

アプリゲーム内の通貨システムの規定を法に抵触しないよう無許可で書き換えた疑惑が浮上。

 

 

 

 

供託金は数十億円に上るとも言われておりソーシャルゲーム会社の課題と法整備の関係の見直しも必要との見解も・・・!

 

 

 

今回話題になっているアプリは「LINEポップ2」

 

幅広い年齢層に人気でスマホ所持者の半数以上はやっているとも言われている主力のスマホゲームでのめり込む人も続出するほど!!

 

 

個人的にも大変お世話になっているアプリであり、友達やLINEに登録していて同じゲームをやっている人同士で競えるのもいい刺激と話のネタになるんですよね!

 

 

アニメ好きっていう事実を隠しながら、ゲームの話ができるって最&高!!( ;´Д`)

 

 

そんな私の生活にとっても必要不可欠なLINEの立ち入り検査のニュースについて、独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介していきたいと思います!

 

 

レッツ!一般人とヲタクの唯一の共通点であるLINEポップは永遠に不滅じゃー!!( ;´Д`)笑

スポンサードリンク




 

 

◆LINEの供託金は数十億円の噂の真相は?

 

 

 

今回ニュースになっているのはLINEがゲーム内での課金システムが法に触れているのではないか?という疑惑。。

 

 

最近ではサイゲームの不正ガチャなども多くニュースになっていますが、今回の件では不正疑惑ではなくそれを社内的に発見し、報告を上げないまま修正していたこと。。。

 

 

社内で「これって法に抵触してるんじゃないの?」っていう疑惑があがった時点で公表なり改修なりをするのが一般的ですが、LINEポップのユーザーや対象となっていたアイテムを公表して改修するとなると数十億円の供託金が必要との試算も囁かれているんです・・・・

 

 

 

数十億円にもなるユーザがいること自体、LINEの凄さを物語っていると思うのですがそれを脅威と見て内部だけで処理を進めていた模様・・・・!

 

 

今回発覚した経緯や流出元は明らかになっておりませんが、内部告発または監査や委託業者からのリークの可能性が高そうですね・・・!!

 

 

 

内部リークといえば、東芝の不正会計問題を思い出しますがこちらは長年内部だけで取り仕切っていた秘密が外部に流出してしまったことから数十年の不正が明らかになり日本国内では過去最高額の負債となっています。

 

 

 

LINEは急成長した企業でもありますし、ソーシャルアプリの代名詞とも言われているので今後の展開にも注目です!

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆LINE立ち入り検査から学ぶソーシャルゲーム会社の課題と法整備の関係は?

 

 

 

個人的に気になっていることは、ソーシャルゲームの法規制が追いついていないという現状・・・!!

 

 

今まで日本に浸透していなかったゲーム媒体であり、法整備もまだまだ足りていない部分があるのは事実。

 

 

しかしながら、法整備が追いついていない中でグレーゾーンに当たるような内容が報告されてそれに対して法を整備していくという手法を取っているのには疑問が残りますね・・・・( ;´Д`)

 

 

私的には扶養家族に関しての法も同様に、近年では結婚しても共働きの家族が半数以上を占める中で年収103万、130万の壁も改修するべきとの声は数年前から上がっています。

 

 

日本の法律が現代にマッチしていないことが問題で、そう簡単には法改正ができないのもわかりますがあまりにも柔軟じゃないような気がしてなりませんねー。

 

 

ソーシャルゲームだけでなく、現代人の生活自体が10年前と比べ変わってきている中で日本もそのスピード早く追いついてほしいなと思うのであります!

 

オススメ記事はこちら

東芝メディカル売却先決定でキャノンのリストラが加速の噂の真相

金子祐介の妻ひとみの病名はがんだった!子供と嫁の看病生活に涙

新日本監査法人が解散で東芝も不穏な動き?業務停止で損益数億円の噂

スポンサードリンク




 

Return Top