ノンフィクション

真紀の新宿ゴールデン街のママの現在をノンフィクションで紹介

真紀の新宿ゴールデン街のママの現在をノンフィクションで紹介

◆3月27日放送動画が話題!ザノンフィクションで新宿ゴールデン街のママの真紀さんに密着!

 

 

3月27日放送のノンフィクションで新宿ゴールデン街のママの真紀さんに密着します!

 

 

 

動画も話題で性別適合手術後に故郷の枕崎へ帰郷し母親にカミングアウトする姿は必見!

 

 

体調不良でお店存続の危機が迫っていて、現在の様子も気になりますね・・・!!( ;´Д`)

 

 

 

新宿で長年バーを営んでいる真紀さんは、お店の後継者がおらず76歳になった現在でもお店に立っています!

 

常連客のつぐみさんとの関係や、真紀さんの故郷である鹿児島県の枕崎へ帰郷させることを説得できるのでしょうか?

 

 

 

新宿ゴールデン街のママの真紀さんについて、私が独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介します!

スポンサードリンク




 

 

◆新宿ゴールデン街のママの真紀さんが性別適合手術後に故郷の鹿児島県枕崎へ帰郷!

 

 

 

新宿ゴールデン街のママである真紀さんが性別適合手術を受けてから初めて故郷に帰郷すると言うことで、相当な勇気や心配があったんだと思います。

 

 

 

真紀さんは我が子のような存在であるつぐみさんの説得の元、47年ぶりに鹿児島の故郷へ帰郷します!

 

 

 

もちろんつぐみさんも同行の元、飛行機と電車を乗り継ぎ我が家に帰る時の表情はなんとも複雑そうでしたが、故郷が懐かしい様子で電車の窓の外を眺めていた横顔が印象的でした!!♪( ´θ`)ノ

 

 

 

47年前から風景が大きく変わっていて戸惑いを見せるような表情をこぼしていました。

 

 

 

 

妹と弟が玄関先まで迎えに来てくれて、久々に会う親族の顔がわからないけれど、自分の兄弟だということを告げられた時の驚きは格別だったように感じました。

 

 

 

そして、お母さんとの再会・・・・!!

 

 

真紀さんのお母さんは96歳になっており、47年ぶりの再会に涙しながら喜んでいたお母さんの姿や、性別が変わったことに対して「元気でいてくれればそれでいい」と言っていたお母さんの言葉が心に染みましたね・・・!!

 

 

 

 

私が印象的だったのが、故郷である枕崎が歌詞に登場する「港町ブルース」をよく歌うというエピソード。

 

 

 

帰りたくても、自分の性別が変わったことを両親が受け入れてくれるのか不安という心情を歌にぶつけていたんじゃないかな?と思いました。

スポンサードリンク




 

 

 

◆新宿ゴールデン街の真紀さんの現在とは?お店の存続危機!

 

 

新宿ゴールデン街の真紀さんの現在ですが、2015年12月に享年80歳で天に召されています。

 

 

 

お店を手伝っていたさくらさんは真紀さんのその姿に拍手喝采だと言っていましたね。

 

 

 

たくさんの常連客が見送る中、真紀さんのお別れ会が開かれた様子も番組内では紹介されていました。

その姿から、たくさんの方に愛されていたことが伝わってきます。。

 

 

真紀さんが大事にしてきたお店は残念ながら閉店してしまっていますが、皆さんの心の中にはずっと生き続けるんだろうなと感じました。

 

オススメ記事はこちら

ヘンダーソン(芸人)の中村と子安のwikiプロフィールと動画を紹介

嘉数仁の寿司田の現在や父親務との上京物語をザノンフィクションで紹介

27年自宅にひきこもっている息子真樹さんの現在のノンフィクション

スポンサードリンク




 

 

Return Top