ノンフィクション

嘉数仁の寿司田の現在や父親務との上京物語をザノンフィクションで紹介

嘉数仁の寿司田の現在や父親務との上京物語をザノンフィクションで紹介

◆沖縄県から寿司職人になるため東京に上京した嘉数仁さんの現在と父親務さんに迫る!

 

 

3月20日放送のザノンフィクションでは沖縄県出身の嘉数仁さんが寿司職人になるため東京に上京してきた現在に迫ります。

 

 

 

 

勤めていた店の寿司屋寿司田のニューヨーク転勤の話や父親の務さんが福島に移住した真相や理由と家族の絆に注目!

 

 

 

毎回楽しみにしているノンフィクションなだけに、今回の上京物語も動画が話題になっています♪( ´θ`)ノ

 

 

涙なしには見られない内容で、東京に夢を追い求めて上京してきた若者は多いと思うので、共感度はかなり高いと予想していますよ!!

 

ザノンフィクション上京物語8回目の主役である嘉数仁さんについて、私の独自の捜査網を駆使して調査した結果をご紹介します!

スポンサードリンク




 

◆嘉数仁さんの勤めていた店の寿司屋寿司田のニューヨーク転勤は?

 

 

8年前の2008年からその姿を取材している嘉数仁さんが主役で、寿司職人になるため沖縄から東京に上京してきたんです。

 

嘉数仁さんには家族がいますが、小さい頃に両親が離婚し父親と2人暮らしが長かったんです。

また父親の務さんの分まで働いて生計を立てていた嘉数仁さん。

 

 

東京に上京してきてからというもの、板前修行の過酷さに理想と現実のギャップを知ってしまうのです。。( ;´Д`)

 

個人的には、ギャップや違和感を感じ始めるのって働き出して2年〜3年の頃だと思うんですよ!

 

1年目はがむしゃらに仕事に没頭するから周りが見えなくなるし、少し余裕が出来てくる頃に改めて仕事の厳しさに直面するタイミングがあるんですよね・・・!!

 

 

最終的には自信で今後の道を選択するんですが、嘉数仁さんには夢で会った「寿司職人になって父親に美味しい寿司を食べさせる」という目標を是非達成して欲しいです!♪( ´θ`)ノ

 

 

またニューヨークへの転勤の話が浮上しますが、ここで将来の選択しに迷いながらも夢に向かって転勤を選択するような気がします!!

 

 

海外では日本食ブームで、日本から来た寿司職人って珍しいし、アーティストのような感覚なんだそう!

 

まさに食べる芸術を生み出す技を磨いてきた嘉数仁さんにとって、転勤話は前向きな話であり今後独立も視野に入れるならば絶好のチャンスじゃないのかな?と一視聴者として感じました!

スポンサードリンク




 

 

 

◆嘉数仁さんの父親が沖縄から福島に移住した真相や理由と家族の絆に注目!

 

 

また沖縄に住んでいる父親の務さんが現在は福島に移住しているという噂も気になりますよね!!

 

個人的な予想では、定職につかず沖縄に住んでいた父が出来ることから始めようと言う決意のもと、福島圏でボランティア活動をしているんじゃないでしょうか?

 

息子である嘉数仁さんに感化され、お父さん自身もまずは一歩踏み出すことを決意したのかもしれません!!

 

 

親の背中を見て子は育つといいますが、私は子供の背中を見て親が気付かせられることもあると思うんです!

 

大人だから忘れていたこと、妥協していたことに向かって必死になっている子供の背中を目で追っているうちに自分が失っていたものに気がつく・・・!!

 

 

嘉数仁さんのお父さんだけでなく、どの家族にも言えることだと思いますし、それが家族の絆だと感じるのであります!

 

オススメ記事はこちら

家事えもんハンバーグと和風オニオンスープレシピや材料が簡単

セーラームーンメガネの予約方法や販売店舗を紹介!売切必須のレア

カールスジュニアのメニューやカロリー!待ち時間や混雑状況を紹介

スポンサードリンク




 

Return Top