東芝の今後はどうなる?最新ニュース速報

東芝メディカルの二次入札はキャノン独占で売却後の年収や待遇が危険

◆東芝メディカルシステムズの売却先はキャノンが有力

 


東芝メディカルシステムズの一次入札が終わり二次入札をキャノンへ優先的に交渉を進める方針。

 

 

 

 

結果や2016年3月最新情報と売却後の待遇や年収に注目が集まっています。

 

金額は7000億円に上る予定です。


 

 

昨年の不正会計から注目を集めている東芝医療系子会社の東芝メディカルなだけに、大手企業からも注目が集まっています。


 

 

外資系企業も入札に参入している中での、優先的交渉企業の発表なだけに、金額も当初の予定の約2倍の価格になる可能性も出てきていますよね。


 

 

東芝メディカルシステムズについて、独自の捜査網を駆使して調べた結果をご紹介いたします!

スポンサードリンク




 

東芝メディカルの二次入札の結果や2016年3月の最新情報を紹

 

 
東芝メディカルの二次入札ですが、2016年3月末の決算期までに売却先と価格を決定する見通しです。

 

 


すでに3月の2週目に差し掛かっており、残り僅かな期間での意思決定だけに、優先交渉を勝ちとったキャノンが優勢だと感じますね。


 

 

二次入札は参加企業を限りなく絞り、短期決戦ができるように進められています。


 

 

 

キャノンの名前が上がりましたが、富士通などの3社に絞られる予定です。



 

二次入札の結果は3月下旬を予定しており、来季からの株価にも大きく影響を及ぼしそうですね。

スポンサードリンク




 

 

 

◆キャノンへ売却後の年収や待遇はどうなる

 

 

 

仮にキャノンへ売却が決定した場合、買収後の年収や待遇面での変化はどうなるのでしょうか?

 

 

キャノンの者いん待遇ですが、平均的な年収としては560万ほどでメーカーとしては標準くらいの年収でした!

 

 

今回の買収では、東芝の役職者の給与が減額になる可能性も出てきていますが、現在とそれほど変更のない待遇に調整されるのではないでしょうか?

 

 

また二次入札の候補に残っている富士通ですが、富士通の年収や待遇も同等くらい・。。

 

 

しかし老舗企業の東芝は長年勤めていた人への手厚い待遇が有名だったので、今後定年退職の退職金の金額や待遇に変化が生じるかもしれませんね。

 

 

個人的には買収後に大幅に待遇が下がったということは聞いたことがないので、それほど心配するものではないと思いますが、組織の体制や進め方やルールが変わってくるので柔軟な対応が必要となってくるなと感じました。

 

オススメ記事はこちら

東芝メディカルシステムズの買収先や入札状況は?リストラが加速

東芝の半導体売却先や入札は不調!分社化やリストラの危機回避策は?

東芝テックソリューションサービスが売却の危機!?倒産の心配は?

東芝テック売却の危機を日経が報道!リストラ7000人の噂の真相

スポンサードリンク




 

Return Top