ノンフィクション

只野哲也(てっちゃん)の現在と過去をノンフィクションで紹介

只野哲也(てっちゃん)の現在と過去をノンフィクションで紹介

◆ノンフィクションで只野哲也(てっちゃん)の震災から5年後の高校生姿を特集

 

 

ノンフィクションで只野哲也(てっちゃん)の震災から5年後の高校生姿を特集されます。

 

 

現在の姿や過去の辛い経験を乗り越えた先に見える笑顔や希望や未来に密着します。

 

 

 

運命と感じた思いや大川小学校の仲間や家族に対しての現在の気持ちに注目です!!

 

 

幼き頃に体験した震災を通じ、5年経過した現在に迫ります!

唯一の家族である父親との別れや、当時を思い出し涙する日もあったそうなんです。。。

 

 

( ;´Д`) < 涙なしには見られない番組ですよ・・・・!!

 

 

ノンフィクションについて私が独自の捜査網を駆使して調査した結果についてご紹介します!

スポンサードリンク




 

 

◆只野哲也(てっちゃん)の現在と過去とは?父親との現在と未来への別れ

 

 

 

宮城県石巻市で生まれ育った只野哲也(てっちゃん)さん。

 

 

3月11日に起こった出来事で、只野哲也(てっちゃん)の人生や環境や生活は大きく変わったのです。

 

 

家族である、母親、兄弟、祖父を亡くし父親と只野哲也(てっちゃん)さんだけが助かっています。

当時から取材を続けていたノンフィクションでは、今回が3回目の放送になります。

 

 

 

当時はショックから明るく振舞おうとしている姿や、子供ながらに乗り越えようとしていた姿が印象的でした。

 

 

今回は高校生になった只野哲也(てっちゃん)さんの現在の生活・・・・

 

私が印象的だったのが「運命だったのかもしれない」とつぶやいているシーンです!

 

 

 

運命って決まっていたのかもしれない・・・そう遠い目をしながら語る高校生になった只野哲也(てっちゃん)の姿には涙が溢れそうになりました。

 

 

現在では、お父さんと祖母の3人で暮らしており、当時の状況を語る視線には悲しみや絶望や将来への不安を抱えているように映りました。

 

 

生き残ったからこそ、自分はしっかりと生きぬかないといけない・・・・そう幼さの中にも強い意思があるように感じましたし、幼いながらに一生懸命にいい子を演じている姿にも感動しました。

スポンサードリンク




 

 

 

◆只野哲也(てっちゃん)が家族を亡くし今を生きる希望に迫る

 

 

 

只野哲也(てっちゃん)が通っていた大川小学校の仲間は、7割の児童が助からなかった状況。

 

 

今は亡き自分の家の跡地に行っては、そこで複雑な感情を抑えるように横になってみたり、我が家と言ってみたり葛藤する心の模様が印象的。

 

 

 

高校生になり、自分の将来を考え行動する姿には背中を押したくなるような思いを感じましたね・・・

 

 

私的に感動したのが、最後にてっちゃんが言っていた「16歳でも命の重さはわかっているんで、これからも活動は続けます」と言っていたこと!!!!!

 

 

いい大人でもこんなこと言えないし、命の大切さがわからない親は大勢います。

なんとも今を生きるてっちゃんの信念や思いがすごく伝わって来るなと感じましたし、応援したと思いますよね!!

 

オススメ記事はこちら

27年自宅にひきこもっている息子真樹さんの現在のノンフィクション

ゆーとぴあのホープの家族や嫁の秘密がノンフィクションで紹介

女将エリナと博多屋台てるちゃんの今後は?ノンフィクションで紹介

スポンサードリンク




 

Return Top