ニュース

小島将平は車いすランナーで妻の壮絶な看病が感的‼バンキシャで紹介

小島将平は車いすランナーで妻の壮絶な看病が感的‼バンキシャで紹介

◆小島将平が車いすランナーになるまでに大変な苦労が隠されていた

 

 

小島将平さんが車いすランナーとして活躍するまでが、

バンキシャで特集されていました!!

 

 

もともと、がんの再発が原因で左足を切断する選択へ…

 

 

その時、小島将平さんはどんな思いだったのでしょうか??

 

 

もし私だったら、自分を責めているかもしれません(/ω\)

 

 

誰かのせいにしたら楽なんですが、後から後悔することは分かっているので

きっと自分を責めて、変わらない事実に葛藤していると思います。

 

 

そんな、小島将平さんが車いすランナーになるまでに

経験された苦労や、それを支えていた妻とのエピソードなど調べてみました。

 

スポンサードリンク




 

◆小島将平を支えた妻が感動的!!バンキシャで大絶賛

 

k2

 

小島将平さんはご結婚されているようで、今の小島さんの活躍があるのも

きっと妻のおかげなんですね~

 

 

人生の支えとなる人がいる、誰かのために頑張るって、

生きるモチベーションになりますもんね(^^♪

 

 

私はまだ結婚していませんが、いつか自分が思い描く王子様のような人が

迎えに来てくれることを信じています(笑)

 

 

いわゆる、白馬に載乗った王子様♡

 

 

いい年こいて、何夢見てるんだ!!と

皆さんに喝をいれられそうなので、妄想話はこの辺に…(/ω\)

 

 

 

競技用の車いすって、バランスがとりにくかったり、三輪なので

慣れるまでに時間がかかるといいますよね。

 

自分の体重を腕で支えて、マラソンするって…

 

 

相当な運動量ですし、相当な精神力です!!

 

 

こうやって、小島さんがランナーを続けているのって

私だったら、

他の人に真似できない、自分なりの感謝の気持ちを周りの支えている方に

伝えたい為なのかなと思いました。

 

 

スポンサードリンク




 

 

 

 

◆車いすランナーになった決意って??

 

 

井上雄彦先生の「リアル」という有名な作品。

 

小島将平さんのような車いすランナーの話ではなく、車いすバスケットボールの話なんです。

 

 

 

井上雄彦先生といったら、知らない男性諸君はいないはず…

 

そう、あの伝説の「スラムダンク」の作者です。

 

 

 

タイトルの通り、井上先生の作品は唯一無二のリアリティさがあります!!

 

私は、読んでてドキドキするというか、本の中に吸い込まれそうになるんです…

 

 

だからこそ、何年も愛される作品なんでしょうね(´艸`*)

 

 

小島将平さんは、車いすの生活になってしまった事実を受け入れ、

車いすランナーとしての第二の人生を始めるには、

 

私なんかにわからない苦悩や葛藤を繰り返してきたんだと思います。

 

特に、今まで普通に歩くことができていたのに、それが突然叶わなくなる…

 

 

普通のことができないとなると、人は劣等感を感じると思うんです。

 

 

人間ですから、普通のことができなくて

人の迷惑をかけてしまって自分はなんてダメな人間なんだ…

と思い悩んでしまうこともあると思います。

 

 

 

それだけでなく、障害を受け入れ、ランナーとしての自分を受け入れる。。

 

 

 

もし、自分が小島将平さんと同じ障害を抱えていて、

自分の障害を受け入れられなかったら…と考えると、

 

私だったら、小島将平さんの生き方に感動と衝撃を覚えると思います!!

 

 

同じ障害を抱えている人が、同じ障害を持った人に感動を与える立場になっている、

という生き方には私自身も尊敬を覚えました。(*^^*)

 

スポンサードリンク


Return Top