ニュース

東芝の半導体売却先や入札は不調!分社化やリストラの危機回避策は?

◆東芝の半導体部門が分社化確定!今後の動向に迫る!

 

 

東芝の最新情報で半導体部門が分社化し入札状況が不調に終わる可能性が示唆されています!今後のの動向次第では大量リストラや倒産も免れない結果という噂も浮上しており、売却先候補の日本政策投資銀行が名乗りを上げているみたいなんです!

 

 

 

私的には、昨年のビックニュースであった東芝の不正会計問題ですが、

2016年の3月までに関連子会社や半導体部門の分社化及び売却を進めたい意向のものの、

今後の経済情勢を考えると東芝が注力しないと断言した事業の売却に不安を覚えます。

 

 

 

 

東芝の事業は入札で外客先を選定しますが、

実際は入札状況や金額も東芝の資産とは程遠いものになっており

不調の結果で売却するのでは?と一部でも不安の声が上がっているのは確かな事。

 

 

 

果たして、2016年3月までに売却が完了し、

立て直しに向け舵を切れるのでしょうか?

 

 

 

東芝の半導体部門の売却について、

私の独自の捜査網を駆使して調べた結果をご紹介します!

 

 

 

 

レッツ!サザエさん継続のニュースにはホッとしました〜♪( ´θ`)ノ

スポンサードリンク




 

 

◆東芝の半導体の売却先や入札最新情報!

 

 

今注目されているのは、東芝の半導体部門の売却先ですよね。

 

 

 

どこの企業がいくらで買収するのかが肝になっていますが、

名乗りを上げているのは日本政策投資銀行なんだそう!

 

 

 

日本政策投資銀行といえば、半導体部門の強化の施策を打ち出しており、

メーカーの持つ半導体の技術や高収益に将来性を見出している企業。

 

 

 

 

富士通を例にとると、半導体と部品製造の部門切り分けを2000年後半に実施し、

半導体単体での経営力を強めその結果、高収益はそのままでシェアの拡大と

柔軟な経営戦略で売り上げを倍にしてきている。

 

 

 

今後半導体事業は右肩上がりになること、日本のメーカーにおける技術が

世界トップクラスだという予想の元、世界市場に対して柔軟な体制を整え

半導体部門の拡大を目指している企業でもある。

 

 

 

個人的には、日本政策投資銀行は金融業がメインで

異業種との交流や信頼も厚い企業であるため半導体事業の拡大に注力するという

東芝と真逆の考え方に興味があります!

 

 

 

 

高い技術だけで勝負できる時代ではなくなったという情勢をいち早くキャッチし

新なる一手を先んじて実施する姿勢や挑戦の熱意みたいなものが伝わって来るような気がしました。

 

 

 

公式な発表はされていないため、東芝の半導体部門の買収に関しては

現時点でノーコメントですが、今後の動向にも要注意ですね!♪( ´θ`)ノ

スポンサードリンク




 

 

 

◆東芝の半導体部門で大量リストラが懸念!危機回避策は有効なのか?

 

 

東芝の半導体部門の売却が順調にいっていないとの見解もあり、

その場合第二の大量リストラが懸念されますね。。。

 

 

 

 

東芝として残す部門のリストラもそうですが、

売却する半導体部門の人員削減と事業のさらなる細分化により

より売りやすく買いやすくする狙いも考えられます!

 

 

 

 

この危機を回避するためには、東芝の想定額で売却する必要があり、

需要をしっかりと掴むことが最優先ですよね!

 

 

 

オークションのように、ただ商品を入札にかけて販売するやり方では

目標の金額に及ばない可能性もありますし、

ただでさえ東芝というブランド力が下がっている中での入札なので

策士がいないと務まりません。

 

 

個人的には、この策士が東芝の誰なのかが気になりますねー!

 

 

 

最近、ドラマの信長協奏曲を見ていてどの時代にも策士は要であり

裏方の存在であることに気がつきました♪( ´θ`)ノ笑

 

 

 

3月の入札結果には注目ですねー!

 

 

オススメ記事はこちら

iphone5seの発売日や値段と価格を紹介!4インチ薄型が特徴

ベッキーと川谷に慰謝料命令?損害賠償額や法的措置がゲスの極みすぎる

東芝メディカルシステムズの売却先は日立!金額や株価への影響が懸念

スポンサードリンク




 

Return Top