ニュース

MRJ 4回目で延期の理由や原因は何?5回目は更なる遅延が懸念

MRJ 4回目で延期の理由や原因は何?5回目は更なる遅延が懸念

◆MRJ(三菱航空機)のジェット旅客機延期が4回目の理由や原因はなに?

 

MRJ(三菱航空機)のジェット旅客機が4回目の延期を決定しました。

理由や原因は公表されておらず、納入日に関する心配が囁かれています。

 

また、5回目の延期の可能性もあるとみて、

MRJと関連会社への損失は計り知れないものとしています。

 

私的には、

4回目の延期って事業計画や進捗管理に問題があるのではないか?と心配になりました。

 

MRJ(三菱航空機)のジェット旅客機について

私の見解や5回目の延期の可能性も含め紹介していきます~!(●´ω`●)

スポンサードリンク




 

◆日本初のジェット旅客機の課題は山積み?MRJ(三菱航空機)の損失額は?

 

日本初のジェット旅客機で話題になっている

MRJ(三菱航空機)ですが、4回目の遅延発表がされ雲行きが怪しくなってきました。

 

当初の納入予定から大きく遅延しており、

現段階では2018年の夏以降に納入予定とのこと。。(^^;)

 

しかし、4回目の遅延発表ってこともあり

関係者は眉間に皺が入りっぱなし!

 

関連会社や部品納入会社も、

この時期の延期発表に来期の予算計上に頭を悩ませています…!

 

 

今回のニュースを受けて、

今後の受注鈍化に響く可能性が高いのと、

MRJ(三菱航空機)の損失額が大きいのでは?と懸念の声も…

 

当初の計画から5年も後ろ倒しになっていることもあり、

ジェット旅客機開発の壁の高さが露呈する結果となりました。

 

3回目の延期後、初飛行に成功した時には

2017年目途に納入できると発表していたものの

ここにきて1年の延期…

 

一体どんな理由や原因が考えられるのでしょうか??(;´Д`)

 

 

わたしの見解ですと、

初飛行は成功したものの量産方法が確立しておらず

受注している台数の制作が間に合わないと判断した。

 

又は、ウリである2割の燃費アップが実現できず

再設計に時間がかかった。

 

コスト的な問題で、短期間で受注台数を制作する

元金が集まらない…などなど

 

 

恐らく3回目の延期発表で受注のキャンセルが発生したはず…

 

 

日本がジェット旅客機の製造に参入して、

あしががりとなるはずだったMRJ(三菱航空機)の事業だけに

落胆の色は隠せません…

 

そして、損失額も数億円に上る見込みでしょう。

これ以上の延期は避けたいものです!

スポンサードリンク




 

 

◆MRJ 5回目の延期は想定内?噂されている真相は本当なのか?

 

一度ある事は二度あるといいますが、

今回は四度あることは五度ある!(笑)

 

不安に思っている企業も少なくないはずです!

 

 

世界のライバルは2018年に

MRJ(三菱航空機)と同じエンジンを搭載した機体を

納入予定なので、どこかで負けるもんか!と

競争本能が働いているのかもしれませんね。

 

競争心が効率UPに繋がればいいんですが、

確信を持たないうちに競争心だけで納入時期を発表するのは

かなりのリスクですよね…

 

 

5回目の延期が起こらないようにしてほしいですね!

スポンサードリンク


Return Top